キャリアクリエイツ 企業・団体組織の人事労務、教育・研修・能力開発を徹底サポート!  [Sitemap]
キャリアクリエイツ公式facebookページ

[通信教育ログイン]

通信教育の成績を確認する

通信教育の成績を確認する

通信教育の成績を確認する

通信教育職場担当者対象 進捗・成績の確認 通信教育運営担当者対象 進捗・成績の確認 通信教育受講者対象 成績の確認
ホーム > 通信教育 > 問題対応力スキルアップコース

主な受講対象者 中堅社員
職場リーダーほか
受講期間 3カ月
基本教材 基本教材テキスト3冊
受講料 会員19,440円
一般22,680円

コースのねらいと特長

「解決のシナリオ作成法」「自分の動機づけ」「他者への協力」を学習し、現状維持からの脱却をめざすスキルを習得します。本コースは、・仕事のできる・実力社員となるために不可欠な問題(課題)対応力を、・問題に気づく、・解決のシナリオづくり、・自分を動かす・人を動かす、の3テーマを切り口にした3単元で構成されています。
本コースでは職場のリーダー層が仕事上感じる「問題」を取り上げ、解決するためのメソッドをケーススタディによって習得します。

カリキュラム

第1単元
問題に気づく
  1. 先輩の指示に疑問を感じたがそのまま処理した
    →当事者意識
  2. 忙しさに追われて、上司の姿勢に不安を感じる
    →現状の改善意欲
  3. 後輩の素晴しいアイデアに焦りを感じる
    →発想力
  4. 突然の代役をこなしきれずに立ち往生した
    →役割意識
  5. 客先での情報収集の甘さを指摘された
    →情報収集力
  6. 忘れていた顧客の依頼を突然思い出した
    →仕事の管理(P D C A)
  7. クレームに安易に対処し、先方が激怒した
    →問題状況の読み
  8. 上司の評価結果は自己評価より厳しかった
    →期待水準の読み
第2単元
解決のシナリオづくり
  1. 予算作成時かなり高い目標が設定された
    →目標設定
  2. .新プロジェクトがスタートしたが壁にぶつかった
    →企画立案
  3. 先輩の示した前例だけでは思うようにいかない
    →期待水準とのギャップ分析
  4. 急ぎの仕事を受けたものの期日が迫ってきた
    →基本方針・計画立案
  5. 進行中の仕事に突然計画変更の指示が
    →実行計画
  6. 提案した企画が事態の急変でつぶれてしまった
    →変化対応計画
  7. 見込みが狂ってねらった成果が出なかった
    →情報の選択・分析
  8. 市場情報の収集がランダムでうまく対応できない
    →開発
第3単元
自分を動かす・人を動かす
  1. 自己申告での移動申し出がなかなか実現しない
    →キャリア目標の設定
  2. 自信のあるアイデアだが、上司を説得できない
    →構想実現力
  3. 上司不在時、トラブルで意思決定を迫られた
    →意思決定力
  4. 外国人相手の取引で慣習の違いに困惑した
    →異文化間コミュニケーション
  5. ミスの多い部下につい声を荒げてしまった
    →部下指導力
  6. 状況に反して自社の優位性を主張する
    →マーケティング・マインド
  7. 顧客クレームに対応が遅い担当者
    →他部門を動かす
  8. 部下の提案に不満があるが、説得しきれない
    →部下を動かす

一覧に戻る

 

  
お気軽にお問い合わせください
申込

Copyright (C) 2007-2014 CareerCreates All Rights Reserved.