キャリアクリエイツ 企業・団体組織の人事労務、教育・研修・能力開発を徹底サポート!  [Sitemap]
キャリアクリエイツ公式facebookページ

[通信教育ログイン]

通信教育の成績を確認する

通信教育の成績を確認する

通信教育の成績を確認する

通信教育職場担当者対象 進捗・成績の確認 通信教育運営担当者対象 進捗・成績の確認 通信教育受講者対象 成績の確認
担当者 watanabe@ld-note.com  登録日時 2017/5/18 17:37 (305 ヒット)

第305回リーダーシップ研究会

人材育成をめぐる法律問題 その1
~教育研修における労働時間の考え方~

開始時間 15時00分
定員数 30人 (予約数 10人)
予約締切時間 2017/6/15 16:00

■研究会の概要
平成29年1月20日、厚労省から「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン」の通達がありました。これにより、都道府県労働局においては、労働時間の適正把握の指導をおこなうこととされ、労働者の「実労働時間」と「自己申告した労働時間」に乖離がある場合は、使用者は実態調査をおこなうこと、「使用者の明示または黙示の指示により自己啓発等の学習や研修受講をしていた時間」は労働時間として取り扱わなければならないこと等を明確化することとされました。過重労働防止への取り組みとして、昨今、残業を含めた労働時間についての議論が盛んに行われています。働く時間ということを考えた時、企業や組織には欠かせない教育に関しても例外ではありません。教育といっても研修や自己啓発、昇格要件になっている資格試験や通信教育など企業によって様々な取組みがなされています。
そこで今回の研究会では、どのようなものが労働時間とみなされ、なにが労働時間とされないのか?また、マネジメントする上での教育に関わる時間の指導の仕方について、労働問題について専門の弁護士にお話して頂きます。

■講 師
小西華子(こにしはなこ) 弁護士 
  平成15年 司法試験合格
  平成16年 東京大学法学部卒業 
  平成17年 司法修習終了(第58期)、検事任官
  平成21年 検事退官
  同年     大阪弁護士会登録、竹林・畑・中川・福島法律事務所入所

■研究会の内容
1.労働時間の基本的な考え方
 - 労働時間とはなにか 等
2.教育における労働時間とは
 - どのような条件が揃うと労働時間になるのか
3.教育を行わせる場合の時間についての説明や指導方法
 - マネジメント上注意すべき点 等

■日時 2017年6月16日(金)15:00-17:00(開場14:30)地図

■会場 大阪市中央公会堂 B1F 第4会議室
    館の南側(駐車場は北側)サンクンガーデンの右手 東入口の地下1F が第4会議室になります。

■参加費 LD会員・購読者 無料 ※左記以外の方は主催者にお問い合わせの上、お申込ください。

■主催 株式会社キャリアクリエイツ

受付を終了しました
  
お気軽にお問い合わせください
申込

Copyright (C) 2007-2014 CareerCreates All Rights Reserved.