キャリアクリエイツ 企業・団体組織の人事労務、教育・研修・能力開発を徹底サポート!  [Sitemap]
キャリアクリエイツ公式facebookページ

[通信教育ログイン]

通信教育の成績を確認する

通信教育の成績を確認する

通信教育の成績を確認する

通信教育職場担当者対象 進捗・成績の確認 通信教育運営担当者対象 進捗・成績の確認 通信教育受講者対象 成績の確認
担当者 watanabe@ld-note.com  登録日時 2018/2/21 10:23 (378 ヒット)

第310回リーダーシップ研究会

 介護離職を防ぐ
~企業ができること。今、求められる「企業の社会化」~

開始時間 15時00分
定員数 30人 (予約数 16人)
予約締切時間 2018/3/14 16:00

■研究会の概要
 我が国の高齢化に関する問題が、日々さまざまに取り上げられています。誰もが自分と家族の人生観・死生観を、あらためて問い直す時代ともいえるのではないでしょうか。特に高齢期の生活面や医療面においては、知識不足や先入観といった、いわゆる「思い込み」が壁となって、家庭の破綻をまねいているケースがあるようです。
 家庭の破綻は、仕事への破綻へ直結する問題です。当事者に対して企業組織やマネジメントも「思い込み」があるのではないでしょうか。本当の「健康経営」を考えるとともに私たちが具体的にできることは何かを3つの「思い込み」の壁を越えることによってお伝えできればと思っています。
 高齢期への準備段階における特有の「関係障害」は、シニアのみならず、家族の生きづらさや社会全体の課題につながるテーマです。そこで今回の研究会では、医療接遇(医療・介護施設におけるホスピタリティの検証と向上)のプロであり、一般財団法人日本尊厳死協会理事としても活躍する専門家にお話して頂きます。
 リビングウイルを軸にした家族関係や介護をしている社員に対して企業ができることの心構えと再発見について、事例を交えながらお話いただき、いかに「企業の社会化」が求められているかを考えて頂きたいと思います。

■講 師 近藤和子(こんどうかずこ)
マザーリング&ライフマネジメント研究所所長
元・東京大学医学部附属病院接遇向上センター顧問
みんなのMITORI・研究会代表
一般財団法人日本尊厳死協会理事
株式会社ダスキン・ホームインステッド事業部 アドバイザー

【略歴】
1982年 マザーリング研究所設立
1998年 東京大学医学部家族看護教室客員講師(~現在に至る)
2006年 東京大学医学部附属病院「接遇向上センター」顧問(~2010年)
2009年 英国赤十字セラピューティクケア・プラクショナー資格取得
2015年 みんなのMITORI・研究会 主宰
2016年 株式会社ダスキン・ホームインステッド事業部 アドバイザー

■研究会の内容
1 ライフサイクルにたいする3つの思い込みとその弊害
2 エンドオブライフと家族関係
3 リビングウイルという選択とは?
4 「健康経営」とは、企業がすべきこととは。
(詳細な内容は変更する場合がございます。ご了承ください。)

■日時 2018年3月15日(木)15:00-16:30(開場14:30)

■会場 東京文化会館 4階 大会議室
    ※楽屋口からご入場願います
    〒110-8716 東京都台東区上野公園 5-45

■参加費 LD会員・購読者 無料 ※左記以外の方は主催者にお問い合わせの上、お申込ください。

■主催 株式会社キャリアクリエイツ

受付を終了しました
  
お気軽にお問い合わせください
申込

Copyright (C) 2007-2014 CareerCreates All Rights Reserved.