キャリアクリエイツ 企業・団体組織の人事労務、教育・研修・能力開発を徹底サポート!  [Sitemap]
キャリアクリエイツ公式facebookページ

[通信教育ログイン]

通信教育の成績を確認する

通信教育の成績を確認する

通信教育の成績を確認する

通信教育職場担当者対象 進捗・成績の確認 通信教育運営担当者対象 進捗・成績の確認 通信教育受講者対象 成績の確認
ホーム > 事例教材配信サービス > LDノート

LDノートのケースが選ばれる理由 シェアNo1のケーススタディ教材!

選ばれる理由 その1

1965年の発刊以来46年間に渡るノウハウを蓄積!
様々な業種、業界の職場の問題を緻密な取材でケース化し、バックナンバーは1000ケースを越えています。

選ばれる理由 その2

トラブルケースを3つの視点で専門家が解説!
・リーダーシップ論・人間心理・法的視点
の3つの視点から管理職、リーダーとしての望ましい行動をバランスよく学べます。

選ばれる理由 その3

安価でケーススタディの実施が可能!
50,400円で1年間24ケースの学習が実施できます。データはPDF形式ですので、印刷することはもちろん、PCや携帯端末での学習も可能です。

ケーススタディは役に立つのか?

「このケースは特殊なものだから自社には合わない」「業種・業態が違うから参考にならない」「ケースは過去のものだから将来の意思決定の役には立たない」・・・ケーススタディに対してたまに耳にする批判の声です。果たしてそうでしょうか?
ケーススタディで有名なハーバードビジネススクールでは、ビジネスにおける成功は、(1)経験と知識、(2)分析した結果を実際に反映させる能力、(3)事実を観察し、他の人々と議論すること、(4)そして、上記のような事柄から学ぶこと――から生まれる、としています。
経験豊富な成功者は、人事異動やキャリアチェンジなど、全く違う場面でも力を発揮します。そこには「押さえるべきカンドコロと思考回路」が存在するのです。こなした経験の量がものを言うのがビジネス社会なのです。
本来、こうした能力は、現実に、異なる夕イプの問題を、自ら考え処理し、解決していくことを通じてしか身につかないといえます。これをカバーするために、「問題解決」の要領をパターン化して、全くの試行錯誤からス夕ートするロスをなくそうとした「問題解決技法」がケース・ス夕ディなのです。

〈ご購読・ご入会のお申し込みはこちら〉

  
お気軽にお問い合わせください
申込

Copyright (C) 2007-2014 CareerCreates All Rights Reserved.